知ってましたか?遺伝が原因のAGAはシャンプーや育毛剤では治療できません。

AGA(男性型脱毛症)とは?原因は遺伝にあった!

AGA(男性型脱毛症)とは?原因は遺伝にあった!

AGAは遺伝的要因が強く、毛が細くなりやすい傾向であったり、皮脂の分泌が多くなる体質を受け継いでいます。また、男性は母方から遺伝しやすく、女性は父からの性質を受け継ぐ事が特徴です。

ただ、必ずしも直接親の特徴を受け継ぐとは限らず、同性同士の親子からも少なからず体質的に影響を受ける部分があります。抜け毛が多いと思った時はまず、異性の親の頭部を観察したり、体質的に似ていないかチェックする事が大切です。同時に同性の親にも確認を行い、AGAを受け継いでいる可能性を調べる事が重要です。

AGAの疑いが強く感じられたり、将来的に抜け毛が増える状態を心配する時は、AGAの診断が行えるクリニックに相談する方法があります。AGA対応のクリニックは、男性ホルモンの状態を調べたり、病気が発症しているか判断する技術を持っているので、より確実にAGAを発症しているか特定する事が出来ます。

人は加齢する事で、毛が細くなったり毛量が減る事はあります。しかし、AGAの進行は加齢よりも早く、深刻な状態に陥るケースもあるので、治療を早めるために早期の診断を受ける必要があります。早めに治療を始めれば、悩みが深刻になる事はありませんし、悩める症状を食い止めて髪の状態を元に戻す事が出来ます。

育毛剤や育毛シャンプー等、髪に良いとされる製品は多いですが、病気由来の薄毛に効く製品は一部に限られます。頭皮状態が詳しくわかった後は、効果的な育毛シャンプーの方法であったり、育毛剤選びも効率的に行えるようになります。男性ホルモンは強力で、対処は一筋縄では済みませんが、医療の力を借りる事が出来れば、症状に結び付く根本原因を改善する事が可能です。

年齢に関わらず、最近頭髪の状態が変化したと感じたり、薄毛が気になり始めたと考える時は、正しい知識を身に付けた上で治療を始める事が必要です。

毛髪のサイクルが乱れる原因は?

毛髪のサイクルが乱れる原因は?

毛髪にはサイクルがあり、健康な髪の毛一本当たりは、月に約1センチずつ成長します。休止期に入った毛は、成長を止めてやがて自然に抜ける時を待ちます。このヘアサイクルは、次に新しい毛が生えるための準備で、髪全体が健康であれば問題ありません。

一方、通常より早く休止期に入ったり、生え変わる度に毛が細く弱弱しくなっている時は要注意です。

毛髪サイクルが乱れる原因は、インスタントや保存料が多い食品が中心の食事であったり、夜更かしやストレスが解消されない日常のペースにあります。最も毛髪サイクルに影響が強い要因は、AGAに由来する男性ホルモンのバランスといえます。ホルモンは体の特徴を作る要素で、男性の場合は骨格の強さであったり、髭や体毛を濃くする事が挙げられます。体毛が濃くても頭髪が薄くなる理由は、まだ完全に解明されていないものの、髪と他の部分では違った影響を受ける事がわかっています。

頭髪の状態を改善したいのであれば、生活習慣の見直しと変更を行い、同時に治療を継続する事がポイントになります。毛髪サイクルの乱れは、思いがけない生活習慣が影響を与えていたり、体質的な問題を悪化させている可能性があります。

ストレスは体に対する影響が強烈で、体内に発生する活性酸素は細胞を傷付けたり、老化を促進する酸化力を持っています。ストレス解消を目的とした飲酒は、適度なら血流を良くする作用を持ちますが、過度に飲めば内臓を傷め結果的に髪にも影響が出始めます。

薄毛は病気と考えれば、体を労わる重要性に気が付けたり、生活習慣を健康的なものに変えようとする切っ掛けが得られます。毛髪に異常が発生したり、サイクルが変化して毛が弱る原因には、精神的な側面も影響しています。思い悩むだけでは体の調子が良くなる事はなく、治療しなければ解決は難しい問題なので、早めに相談して治療の糸口を見付ける事がおすすめです。

遺伝が原因なので、シャンプーや育毛剤では治らない!

遺伝が原因なので、シャンプーや育毛剤では治らない!

皮脂が薄毛の原因と考える人は、シャンプーで解決しようと試みますし、育毛と名の付く製品を使う事で満足しがちです。多数の育毛シャンプーの中には、AGAの解決に役立つ製品もありますが、これだけで抜け毛が完全に止まる保証はありません。

市販の育毛剤は、血流増加や抗炎症作用等、病的な薄毛に良い効果が得られる事は事実です。ところが、細胞に刻まれた遺伝の力は強く、人によっては平均的な年齢よりも早く薄毛が進行します。

このタイプの薄毛は、10代の後半から症状が出始めたり、加齢によって急激に悪化する事が問題です。年齢によっては、逆に30代から40代でも発症する場合があり、若い頃はフサフサだったと落ち込む事があります。頭皮を清潔にケアしたり、古くなった角質や皮脂を取り除き綺麗にする習慣は重要です。更かしを避けたり十分な睡眠を得る事は、体の健康を長く維持するために不可欠な条件です。

それでも、この薄毛問題は根が深く、問題を引き起こしている要因は体内にある事が致命的です。体を表面的に対処しても、体内では常に薄毛の進行原因は活発に活動を続け、通常より多くの皮脂を作り続けています。

ホルモンの作用は、血管を弱らせ頭皮の体温を下げたり、髪の成長に必要な活力を奪う事も見逃せません。ホルモンに打ち勝ち薄毛を避けるためには、専門の医療機関で診察を受けたり、医学的に効果が認められている薬を処方してもらう事が効果的です。

治療をベースに生活を見直せば、実際の歳より老けて見られる事は少なくなりますし、他の人より急に髪を失うリスクが減らせます。医療で治せるとわかれば、頭皮や毛髪を回復するチャンスが手に入り、生活に希望と挑戦の意欲が湧き出るので、前向きに頭の問題と向き合う事が出来ます。薄毛で悩む人には、専門家に直接診てもらう事、そして治療の可能性を判断してもらう点が必要です。

出典:AGAクリニックナビ

AGAの治療はクリニックが一番!

AGAの治療はクリニックが一番!

薄毛の問題を抱える人は、幸い既にAGA治療が始まっているので、専門科を訪れる事で診察を受ける事が出来ます。クリニックでの対応は、患部の観察と特徴の把握から病名を特定したり、必要に応じて治療用の薬が処方される事が一般的です。医者の判断で病名が付けば、原因不明の症状に悩まされる事はなくなり、小手先ではない本物の治療に進み始める事が可能になります。

医薬品として処方される薬は、市販されていない成分を含んだ物で、毎日飲む事によって少しずつ効果が発揮されます。具体的な効果としては、毛根で活性化する脱毛作用を食い止めたり、毛髪サイクルの乱れを元に戻そうとする作用があります。この薬は医薬品で、医者の許可がなければ処方されず、市販化もされてないので簡単に入手出来ない事が欠点です。国内で認可されていない理由は不明ですが、少なくても世界各国では実績が豊富で、日本でも独自の判断で処方を行い実績を上げている医療施設は多数あります。

薬の使用方法は、担当の医者が定めた用量で毎日服用する事、定期的に状態の変化観察を受けて、回復の兆しがあるかチェックする二点が重要になります。直ぐに変化が出る薬ではないので、最低3か月様子を見る必要はありますが、一度効果が出ればその後も治療を続ける事が出来ます。

治療で得られる効果の強さは人それぞれ違いますが、多くの人は1年で何らかの変化を実感したり、薄毛になる前の毛量まで回復出来ている人もいます。大切なのは治療を始める事で、諦めずに続ける強い意志が悩みの解消に繋がります。

市販のシャンプーや育毛製品で取り組みの試行錯誤を行うより、専門的な医療技術と治療環境を持つ医者を訪れて、診察や診断を受ける事が回復を目指す第一歩になります。今はどのような体の悩みでも、薬で改善が行える治療法が確立されていて、頭髪が薄くなる症状も例外ではない時代です。